橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』占い泉TOP>橋本京明>橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』
橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』_1

橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』

橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』_2
更新日:2015/10/19 橋本京明 片思い 相性 四柱推命 view 2,022

橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』(リンダパブリッシャーズ)が8月20日に発売されました。この本では「ラスト陰陽師」と呼ばれる橋本京明先生が陰陽道における「属神」ごとに、2016年の運勢を鑑定。陰陽師が実際に使うという「おまじない」や「霊符」もふんだんに盛り込まれた大ボリュームの一冊となっています!


橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』



◆橋本京明とは?
福島県郡山市の神官の家系に生まれた橋本京明先生は、幼いころより占いの道を志し、その道を究めるために各地の寺社で修行を積んできました。2008年にオフィスを立ち上げると、その驚異的な的中率から徐々にメディアでも知られるようになり、多くの番組に出演。現在は新宿のオフィスで個人鑑定を行っており、受付開始とともに予約が埋まってしまう超人気占い師として知られています。


◆陰陽道とは?
陰陽道とは、この世のすべての現象を「木・火・月・金・水」の5つの要素(五行)に分け、そのバランスをとることで災いを回避し、幸福を呼び込むことを目的とした技術です。
その使い手の陰陽師といえば、創作世界の安倍晴明のような鬼神を操る呪術師といったイメージをもたれがちですが、その起源は世の中の流れを理解する学問を体系的に学んだ学者集団です。平安時代までは、その存在は国家機密として扱われ、政治の中枢機関のひとつとして国の運命を左右するほどの力を持っていました。つまり、陰陽道とは日本に住むすべての人々を幸せに導くものだったのです。


◆属神とは?
陰陽道には、貴人(きじん)、騰蛇(とうだ)、朱雀(すざく)、六合(りくごう)、勾陳(こうちん)、青龍(せいりゅう)、天空(てんくう)、白虎(びゃっこ)、太常(だじょう)、玄武(げんぶ)、太陰(たいいん)、天后(てんこう)というかかわりの深い12の「属神」がいて、誰しもがその神に守られています。『陰陽占術 平成28年』ではあなたを守護している「属神」ごとに2016年の運勢を明らかにしています。


続きが気になる方はぜひ全国の書店・インターネットからお求めください!

橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』



橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』_5関連記事
橋本京明先生の新刊『陰陽占術 平成28年』_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリースェドウバ占い当たる_サマリー泉のロゴ
占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。
また、ananの占いなどでお馴染みのGダビデ社に協力頂き、雑誌で提供した占い記事も占いの泉限定で無料公開しております。




占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ