占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様【2018年8月】
満月で読む天空模様【2018年8月】_1

満月で読む天空模様【2018年8月】

満月で読む天空模様【2018年8月】_2
更新日:2018/08/15 12星座占い ミシェル・メイ view 1,896

ミシェル・メイ・美菜子先生が2018年8月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


満月で読む天空模様【2018年8月】



8月から9月に鳴る宇宙のアラームは、8月26日の満月と9月10日の新月です。満月では乙女座の太陽と魚座の月が向き合っての満月。ちょうど8月半ば以降から、逆行中の火星が山羊座まで戻り流れは変わるタイミングにありますから、満月は混迷ムードをシンボルしているのかもしれませんね。乙女座も魚座もさほど落ち着かない星座でもあるからです。

山羊座に戻る火星は、今年3月から5月に扱ったことを再度取り上げるように促すのではないでしょうか。ですから3月後半から5月半ばまでの間にあった自分の出来事を思い出してみるのも良いと思います。その時完結に至らなかったことがあるなら、この8月後半からの約1ヶ月の間に仕上げをすることができるはずです。あるいは、4月5月に一段落させたつもりの何かが8月後半以降に再燃するのかもしれません。これはパートナーとの関係性におけることも扱いやすいでしょう。人間関係のことであれば、満月あたりに何かがピークを迎えることになるはずです。

このように、火星が水瓶座に進行してから逆行になり山羊座まで戻るという、8月後半からの1ヶ月は山羊座の火星の話が出てくる時なのですが、今年で言うと火星が水瓶座に長く在位する年になります。そしてそこにはドラゴンテイルがあります。この相は今年とても多く出てくることになるのですが、一言で言うなら「やってもやってものれんに腕押し」みたいなものでもあります。掘っても掘っても出てこない・食べても食べても減らない・行けども行けどもたどり着かない・やってもやってもまだある!…といった感じでしょうか。やれやれな感じもありますが、私たちは努力を続けていく…という道すじにあるのでしょう。

また9月に入ってまもなくすると土星が逆行から順行になります。4月後半から逆行になっていたので5ヶ月ぶりに順行になることになり、牡牛座に入った天王星との相を強化しそうです。これが何を意味するのかというと、山羊座がシンボルする「伝統と権威の組織」がリニューアルされていくことを示しているはずです。新しいものにようやく生まれ変わる…とでもいうようなことが、大きなスケールで起こるのでは?と思います。賛成と反対がいり混ざるような、悲喜こもごもといったタイミングがやってくるようですね。


◆ミシェル・メイ・美菜子プロフィール
大卒業後、結婚・出産を経てのち、西洋占星術、ユング心理学を独学。西洋占星術を元にしたホロスコープチャートの読解を得意とし、対面鑑定においてはホラリー占星術も併用する。それらに心理学の技術を組み合わせた「恋愛カウンセリング」は人生をプラスに変える指針を与えてくれると評判を呼び、主婦を初めとした多くの女性から高い支持を集め、今や延べ鑑定数は数千に及んでいる。



満月で読む天空模様【2018年8月】_5関連記事
満月で読む天空模様【2018年8月】_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。
また、ananの占いなどでお馴染みのGダビデ社に協力頂き、雑誌で提供した占い記事も占いの泉限定で無料公開しております。




占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ