占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2021年6月分
満月で読む天空模様☆2021年6月分_1

満月で読む天空模様☆2021年6月分

満月で読む天空模様☆2021年6月分_2
更新日:2021/06/15 12星座占い ミシェル・メイ view 1,254

ミシェル・メイ・美菜子先生が2021年6月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2021年6月】満月で読む天空模様



6月から7月にかけて鳴る宇宙のアラームは、6月25日の満月と7月10日の新月です。満月では蟹座の太陽と山羊座の月が向き合っての満月。新月では蟹座で太陽と月が重なります。

6月21日のお昼過ぎより太陽は蟹座へと進行します。夏至にあたりますね。1年で最も日中が長いタイミングです。こうしてムードは双子座から蟹座へとバトンタッチされ、蟹座のエネルギーで満月を迎えていくわけですが、蟹座にポイントが移ることは、今年前半の山場を乗り越えることも示唆します。というのも、5月下旬から7月いっぱいの間は木星がフェイントで魚座入りなのですが、これで「魚座の木星と海王星」に対して「蟹座ポイント」がバランスを取ることになるからです。6月のテーマでもあるそのことは、満月で体感されることも多いでしょう。

さてこういう流れをさっくり頭に入れたところで、これら天体たちが示す意味合いと蟹座の世界観をチェックしておきましょう。まず、魚座も蟹座も水のサインですね。情緒を原動力とする水のサインは、人々の心に訴えかけて物事を動かすパワーも持っています。その半面、客観的な眼差しには少し欠けることに。またハートが大切な世界ではありますが、この時期関心事は物質的な側面にもかなり効いてくるはずです。具体的には、消費者心理にまつわるニュースや経済ニュースに小さな動きがちょこちょこ表われそうです。お金の話や新商品や買い物についての話題やレジャー分野の話題も、いわゆる「お楽しみが欲しい」感じがあちこちに感じられそうですが、開催の可否も含めてオリンピックを控えている私たちにはどのように働くのかというと、これは非常に複雑な利害が絡む話になりそうです。誰が一番おまんじゅうを沢山食べたられるのかな?みたいな話でもあるでしょう。

一方、この時期はもう1つハイライトがあり、それは獅子座を運航する火星によって引き起こされます。この火星は水瓶座の土星と牡牛座の天王星を刺激して、アスペクトを作ります。そこで際立つのが、牡牛座の天王星でしょう。昨年から牡牛座の天王星は、一言で言うと『デジタル化』を無理やりに推し進めているものです。無理やりといっても、ここは進めるしかないという選択肢なので、時に少し乱暴でも進めるしかないのです。そしてその分野でトラブルが発生しやすいということになります。これはIT分野全般に言えることです。場合によって海外とネットワークの分野でサポートし合うこともあると思いますが、同様にハッキングのようなトラブルの可能性も含まれることです。

移ろいやすい人々の気持ち(水のサインの背景)と、強制的なデジタル化推進と、その両方が混ざりに混ざって共存している、そんなタイミングでありますね。



満月で読む天空模様☆2021年6月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2021年6月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ