占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2024年1月分
満月で読む天空模様☆2024年1月分_1

満月で読む天空模様☆2024年1月分

満月で読む天空模様☆2024年1月分_2
更新日:2024/01/15 12星座占い ミシェル・メイ view 859

ミシェル・メイ・美菜子先生が2024年1月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2024年1月】満月で読む天空模様



1月後半から2月にかけて鳴る、宇宙のアラームは、1月26日の満月と、2月10日の新月です。満月では水瓶座の太陽と獅子座の月が向き合う満月です。

水瓶座といえば、この1月下旬より、いよいよ冥王星が水瓶座入りします。太陽とほぼ前後しての、水瓶座入り。このことから、1月下旬からはガラリと世界の空気が変わっていくことでしょう。それをちょうど満月でシンボリックに体験することになりそうです。日本では経済の動きとしても体験しやすいのですが、ちょうど新NISAも始まるので、まるでこの天体の動きがわかっていたかのような制度ですね。とはいえ世界レベルにおいては、もっと大きな動きがあっても不思議はないでしょう。水瓶座というサインが新しいテクノロジーをシンボライズすることから、何か新しいテクノロジーに関することも大いに考えられます。ただし、この時期はまだ『はしり』の時期ですから、満月では混乱がピークになるのかもしれません。

またこの時期は、長らく逆行していた牡牛座の天王星が順行になり、改めて前に進み始める時期にあたります。大地を揺るがすシンボルを持つこの天王星は、水瓶座に進行した冥王星とともに、多少の混乱をどうしても招きやすいでしょう。ここには建造物の破壊という意味合いも含まれてくるので、物理的にも精神的にも、ガタガタとグラつく時なのです。けれどそれも何か意味のあるプロセスであるはずで、揺れたりブレたりしながらも、新しいシステムへと、私たちは変遷していくはずです。

未来世界というワードが、リアルに目の前に提示されていくようなこのタイミングですが、2月10日の新月では水瓶座で太陽と月が重なりますから、この新月を機に、後戻りしない新しい世界を皆が認識することになるのではないでしょうか。これは個人レベルでももちろん同様ですから、この時期から何か一新していく…という事を体験する人も多いと思われます。実際にはまだ始まっていなくても、新しい生活がどんな感じになるのかなんとなくわかる…という人も多いかもしれませんね。

いずれにしても、年明け早々から、世紀レベルでの大きな変革のハシリを、我々は体験していくことになるはずです。世紀レベルというくらいですので、これは2026年までかかる変革のハシリです。その幕開けをいよいよ体験するシーズンになった…という事です。水瓶座はテクノロジーだけでなく宇宙や天文もシンボルするサインですから、とても印象深い、2024年1月下旬から2月の新月までの特別な期間になりそうです。



満月で読む天空模様☆2024年1月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2024年1月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ