占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2020年12月分
満月で読む天空模様☆2020年12月分_1

満月で読む天空模様☆2020年12月分

満月で読む天空模様☆2020年12月分_2
更新日:2020/12/15 12星座占い ミシェル・メイ view 1,360

ミシェル・メイ・美菜子先生が2020年12月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2020年1月】満月で読む天空模様



12月から1月にかけて鳴る宇宙のアラームは、12月15日の新月と12月30日の満月、そして明けて新年1月13日の新月と、新月が2回入ります。12月の新月は射手座での新月、1月の新月は山羊座での新月です。

新月は常に小さなリニューアルですから、毎月のリズムを取っていくのにも活用できますし、新しいことを始めるのにもぴったりなタイミングです。新生のエネルギーに満ちているわけです。一方満月は満ちていくエネルギーですから、情緒面と体調面に作用しやすいものですが、自分が現在どんな感じであるのかを確認するのに使うと良いでしょう。

さて、射手座には今年後半よりドラゴンテイルが入っています。このことから、12月の新月は太陽と月に合わせてドラゴンテイルも重なる配置。秋頃から示されてきた課題が改めて強調されていくことになりそうです。コロナ禍で過ごしている私たちからすると、12月の新月はその問題がくっきりと浮かび上がるのではないでしょうか。またそれと同時に、次の局面の始まりも示されるのだと思います。

そして年末の満月では、すでに山羊座に進行した太陽と蟹座の月とで満月です。このタイミングで大きなニュースも入りやすいでしょう。そしてこの時すでに、次なる新しい世界へと踏み出しているはずです。なぜなら、この12月半ばに大きなイベントである木星と土星の移動があるからです。

木星と土星は12月半ばに山羊座から水瓶座へと進行します。今年の終わりに今年最大の天体イベントが起こるわけです。土星は約3年ぶりの移動になります。そして山羊座には冥王星だけ残る形になり、重心が山羊座から水瓶座へと移ることになるはずです。このことで大きく変化するはずのことに「世界の視点」があります。「どのようにするべきか?」という世界から、私たちは「人類の平和と自由のために」という価値観へと舵を切っていくことになるはずです。

とはいえ、まだ当分はその序の口といったところでしょう。1月の新月では山羊座の世界観がまた強調されることにもなりますから。それらを総合的にみていくと、1月に劇的な新旧交替などもありそうです。新しく掲げた理想を眺めながら古い靴をまだ履いている…そんなタイミングです。



満月で読む天空模様☆2020年12月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2020年12月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ