占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2022年3月分
満月で読む天空模様☆2022年3月分_1

満月で読む天空模様☆2022年3月分

満月で読む天空模様☆2022年3月分_2
更新日:2022/03/15 12星座占い ミシェル・メイ view 917

ミシェル・メイ・美菜子先生が2022年3月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2022年3月】満月で読む天空模様



3月から4月に鳴る宇宙のアラームは、3月18日の満月と4月1日の新月です。3月の満月は魚座の太陽と乙女座の月が向き合っての満月。4月の新月は牡羊座で太陽と月が重なります。牡羊座は12星座のトップバッターで、今年の4月は1日が牡羊座新月で始まることになりますね。何もかもリフレッシュ!!というところでしょうか。

とはいえこの3月後半から4月という時期は、水瓶座で土星と火星がコンタクトする、ちょっと危ない感じのタイミングです。18日までの満月に、どこまで不穏ムードが満ちるのかによって、その後の展開は大きく変わっていくはずです。3月21日に太陽が牡羊座に入るタイミングも1つの区切りとなりますが、物事の行方をみていくのには、4月1日の新月もやはりポイントになるでしょう。

具体的には、火星が“戦い”の天体であることから、土星と重なるこの時期全般に「闘争」がシンボルされる事になります。また火星は“熱”でもあるのですが、重なる土星は“抑圧と制限”となりますから、まるで圧力鍋のようなエネルギーが漂うことになるものです。これはそのままコロナ禍も表しているのだと思われます。また、牡牛座の天王星とのアスペクト(天体同士の相)からすると、経済面ではかなりの乱高下がいろいろな形で表われそうです。例えばそれは貧富の差の露呈であったり、株価の動きなどかもしれません。また年初に、エネルギーと経済が今年のメインテーマとお話しましたが、春分という要のタイミングのこの状況からすると、まさにエネルギーと経済面でハードな年になるかもしれませんね。

こうした危ない感じの流れを経てきての4月1日、新月で始まるわけですが、さまざまなレベルで物事が「表に出てくる」感じになるのではないでしょうか。一部の人たちだけがわかっていた事や、水面下であれこれ操作されていた事や、色々な人々の思惑といったものが、どんどん表に出てくるはずです。こうしたことはもちん、世界レベルや社会レベルだけでなく、個人のレベルにおいても同じです。

なかなか激動な時代を私たちは生きていると思いますが、自分に正直に、自分に素直にある事だけが、本当の意味で自分を守ってくれるのでしょう。



満月で読む天空模様☆2022年3月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2022年3月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ