占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2021年2月分
満月で読む天空模様☆2021年2月分_1

満月で読む天空模様☆2021年2月分

満月で読む天空模様☆2021年2月分_2
更新日:2021/02/15 12星座占い ミシェル・メイ view 896

ミシェル・メイ・美菜子先生が2021年2月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2021年2月】満月で読む天空模様



2月から3月に鳴る宇宙のアラームは、2月27日の満月と3月13日の新月です。2月終わりの満月では、魚座の太陽と乙女座の月とでの満月。3月の新月は魚座で新月ですね。

2月終わりの満月の相は、魚座×乙女座の満月ラインに対して、双子座のドラゴンヘッド×射手座のドラゴンテイルがスクエアに組んできますから、グランドクロスを作ることに。西洋占星術で言う流動宮の4サイン(双子座・乙女座・射手座・魚座)が揃うことになります。単純に、全てが流動的の極み…!とでも言う感じです。なので例えば、ワクチンはどうなるかとか、オリンピックはどうなるかとか、コロナの収束はどうなるかとか、あらゆることが流動的なままに右往左往するかもしれませんね。場合によって地面もゆらゆらと流動的になるかもしれません。個人レベルでも、仕事はどうなる?とか、クラスは始まるのだろうか?とか、はっきりしなくてウロウロせざるを得ないことがあるのではないでしょうか。そんなことを示唆する満月なのです。

ちなみにこの2月後半は、水星逆行から始まっていますから、そもそも色々なことが「後ろ向き」で、前を見て進めー!ではないタイミングなわけです。そこに持ってきて色々なことが流動的となるわけですね。じゃあどうすればいいのだ!??と、ヤケになりそうなところですが、このような時には、明確な目標をなるべく求めないスタンスがむしろ似合うはずです。その場その場で対応していこうと、柔軟に受けとめるスタンスでいくのが適しています。どうしても明確な何かが欲しいとなると、それはストレスにしかならないからですね。

魚座の太陽で推移するこの時期、魚座の終わりで新月となる3月半ばが、リセットタイミングです。そのちょっと前、2月の終わりから3月頭にかけては大きな力が働いて、次の押さえどころを垣間見ることもできそうですから、2月終わりから3月頭の流れを感じとってから、3月半ばの新月で気持ちをリセットさせていくのが良いでしょう。という具合いに、このような時期は全体の流れを把握して過ごすかどうかで、個人レベルでも世界レベルでもけっこう違ってくるはずです。柔軟性を合言葉にしていきたいものです。



満月で読む天空模様☆2021年2月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2021年2月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ