占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2023年1月分
満月で読む天空模様☆2023年1月分_1

満月で読む天空模様☆2023年1月分

満月で読む天空模様☆2023年1月分_2
更新日:2023/01/15 12星座占い ミシェル・メイ view 578

ミシェル・メイ・美菜子先生が2023年1月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2023年1月】満月で読む天空模様



1月から2月に鳴る宇宙のアラームは、1月22日の新月と、2月6日の満月です。太陽は水瓶座のタイミングです。1月22日の新月は、水瓶座に入ってすぐ、太陽と月が重なる新月です。満月では水瓶座の太陽と獅子座の月が向き合う満月ですね。この水瓶座シーズン、牡羊座の木星と双子座の火星とが背景になっていますので、水星逆行もあけていますから、物事が急に前進していくことにもなるでしょう。とはいえ、新月が起こる水瓶座には土星がありますから、前進はスピーディというよりも、慎重さを持ち合わせての前進となるはずです。

ところで、牡羊座の木星はある意味『正義の味方』のようなニュアンスがあります。主観的な正義なので、本当の正義とはちょっと違うのですが、それでも、ちょっとしたヒーローのような質感があるのです。このことから、新しい時代の始まりとして、何か目をひくデモンストレーションが起こりやすいでしょう。国レベルでも個人レベルでも、ですね。何か新しい通信技術など新たなテクノロジーが生まれやすい背景にもなりそうです。ちなみに、2023年は断続的に大きな山場がドラマチックにある年ですから、そこからするとこのシーズンだけ、サクサクと計画を進めていくことが出来そうな、そんな時期でもあります。

1月22日の新月から、新しく始まる計画も多いのではないかと思いますが、2月の満月までは夢や新たな理想を膨らませていくのに適しているようです。近い未来を感じながら、人々が実現可能な夢を描いていく、そんな風向きもあります。但し、クラッシュのようなことが起こりやすかった年末年始の後ですから、その後始末に追われる場合もけっこうあるかもしれません。

またこの時期のもう一つのトピックとして、長らく逆行していた天王星が順行に転じる…ということがあります。昨年から世界の経済面に関わってきた天体でもありますが、この天王星が順行になるわけですから、経済面では、次の局面が突然表われる…!ということになるのかもしれません。そしてまた、新たな制度も始まりやすい時期でしょう。動きが早いわけではありませんが、今後への方針を大きく変更していくことになるのではないかと思われます。



満月で読む天空模様☆2023年1月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2023年1月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ