占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2021年7月分
満月で読む天空模様☆2021年7月分_1

満月で読む天空模様☆2021年7月分

満月で読む天空模様☆2021年7月分_2
更新日:2021/07/15 12星座占い ミシェル・メイ view 768

ミシェル・メイ・美菜子先生が2021年7月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2021年7月】満月で読む天空模様



7月から8月に鳴る宇宙のアラームは、7月24日の満月と8月8日の新月です。この時期、太陽は獅子座にあり、満月では水瓶座の月と向き合っての満月になりますね。獅子座、水瓶座とも、「個人・個々の価値」をクローズアップする要素がありますから、秩序よりも自由な発想や個性がフューチャーされるタイミングでもあります。

水瓶座といえば、今年は水瓶座でのグレートコンジャクション(木星&土星@水瓶座)となっている、今年の鍵となる星座でもあります。風の時代の走りとなる水瓶座からのメッセージは、私たちにデジタル化や、さらなる技術進化をほぼ強制しているようなところでもあります。もちろん必要な進化でもあるのですが、水瓶座の天体にアスペクトを組んでくる牡牛座の天王星などから、なかなかスムーズにはいかない側面も私たちは学んでいることと思われます。

ところで、この7月まで木星はフェイントで魚座まで進行していますが、7月末には水瓶座に戻っています。なので、5月後半から続いてきた「今年のハイライト」は終わりを告げて、次の局面へと移っていくことになりそうです。惑わすようなエネルギーに満ちていた6月から7月…ということからすると、そもそもハイライトは「迷いや戸惑い」の極みを体験してきたことにもなるのでしょう。それが7月末からは、否応なく何か明白な目標を持つことになるのではないかと思います。個々の価値観が理想郷のようにクローズアップされやすい半面、現実的で地に足をつけた活動も活発化することに。つまり、戸惑いは、理想組と現実組とに分かれていくようです。これは何かとてもシンボリックな気がします。

こうして流れを見てみると、7月24日の満月では何やら様々な「思惑」がピークになると思われますが、その後は新月に向かって、2分化が進んでいくのではないでしょうか。そして8月8日の新月では、また小さなリセットが行われますから、軌道修正をしたい場合はこの新月を目安にするのが良さそうです。また8月の新月あたりには、新たな技術というものも現われてきそうですから、本格的な方向転換が起こるのかもしれません。



満月で読む天空模様☆2021年7月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2021年7月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ