占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2022年6月分
満月で読む天空模様☆2022年6月分_1

満月で読む天空模様☆2022年6月分

満月で読む天空模様☆2022年6月分_2
更新日:2022/06/15 12星座占い ミシェル・メイ view 665

ミシェル・メイ・美菜子先生が2022年6月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2022年6月】満月で読む天空模様



6月から7月に鳴る宇宙のアラームは、6月29日の新月と、7月14日の満月です。いずれも太陽は蟹座。新月では蟹座で太陽と月が重なり、満月では蟹座の太陽と山羊座の月が向き合っての満月です。

局面がガラガラと変わってきた5月終わりから6月前半を経てきて、蟹座に太陽が入る21日あたりからは、物事の方向性がだんだんと、それぞれ定まっていきそうです。とはいえ、背景が蟹座ですから“気持ちが大事!”の世界観。つまり、感情面がいろいろなところでフューチャーされていくと思われます。

そもそも、この新月から満月に向かうルートは、月が蟹座から山羊座へと進行する旅なのですが、旅の先には冥王星がいるのです。つまり満月では月の隣に冥王星…という具合い。月と冥王星が共にある相は、それだけで、感情の大起伏!といった趣きのものです。太陽が示す背景(舞台)が、12サイン中最も情緒豊かな蟹座であり、満月では月と冥王星も重なって“感情の大起伏!”というわけですから、冷静さや客観性からは、ほど遠い世界を、私たちはこれから旅する感じなのでしょう。情緒的であるのは自分もそうだし、周りもそうなのですから、この時期は誰しも感情が揺さぶられるシーンに出会いそうですね。

ところで世界情勢では、牡羊座の火星と木星が、いわゆる「悪者をやっつけるヒーロー」に加勢しますので、邪悪な者に立ち向かう者たちが大活躍するのだと思います。勝利の炎がヒーローのところでカッカと燃えるかのようなのです。ちなみに悪者側も、この時期にちょうど良い落とし所が見つかるのではないかとも、思われます。そして、勝利の盃を手にしたいヒーロー側のそばでは、勝ち負けではなくて気持ち重視の蟹座的な眼差しが、別の価値観を唱えてくるようです。つまり、勝敗とか、悪者vs正義感とかではなくて、もっと別の価値観が強力に生まれてくるようなのです。これは何がしかの、女性のパワーかもしれませんね。女性の優しさや心の豊かさが、改めて大切と感じる時期になりそうです。



満月で読む天空模様☆2022年6月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2022年6月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ