占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2023年3月分
満月で読む天空模様☆2023年3月分_1

満月で読む天空模様☆2023年3月分

満月で読む天空模様☆2023年3月分_2
更新日:2023/03/15 12星座占い ミシェル・メイ view 1,441

ミシェル・メイ・美菜子先生が2023年3月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2023年3月】満月で読む天空模様



3月後半から4月にかけて鳴る宇宙のアラームは、3月22日の新月と、4月6日の満月です。いずれも太陽は牡羊座。3月22日の新月は牡羊座の0度で起こります。太陽が牡羊座に入った途端に新月ですから、1年分のリセットも起こることでしょう。牡羊座は12星座のトップバッターで、ここから始まる…というサインであるからです。

4月6日の満月では、牡羊座の太陽と天秤座の月が向き合っての満月です。また、その次の新月は4月20日になりますが、そこは牡羊座の29度という場所。こうしたことからも、この牡羊座シーズンは、色々なレベルでリセットが起こりそうです。

3月後半からのトピックとしては、なんといっても、冥王星の水瓶座入りでしょう。2008年頃から山羊座に入った冥王星が、15年ぶりくらいにサインを変わるわけですから。とはいえ、今回はまだ3月終わりから6月上旬までの約2ヶ月半の間のみで、来年からの冥王星@水瓶座時代の予告編を見ることになりそうです。これが、3月24日から見れるわけですから、この3月終わりから4月にかけては、世の中的にも個人的にも、ドラマチックな展開が起こりやすい時期になります。

どんな風にドラマチックなのかは、個人レベルで差があるものなので一概に言えませんが、冥王星がもたらすものは『刷新』ですから、既存のものを全て壊してから新しいものを作り始める…といったエッセンスがどこかに必ず含まれていることになります。

また3月は、土星が水瓶座から魚座へと移行していますから、3後半からの動きは、新月をピークにバタバタと新しいものへと取って変わるような流れになりそうです。折りしも、ちょうど火星も長かった双子座逗留を終えて、次の蟹座へと移行しますから、力バランスの変化や予定の変更、方向転換など、4月にかけてどんどん起こっていくことになりそうです。そしてこうしたドラマチックな動きは、経済分野でも派手に起こりそうです。

こんな風に、日常レベルで感じられる様々な変化の時の真っ只中…という時期になるのですが、もう少し長いスパンの眼差しでみてみましょう。すると、魚座へと進行した土星が、今後は海王星へと近づいていくことから、何か理想が形になる…というシンボルも見えてきます。海王星は『夢や理想』であり、土星は『時間をかけてきたものを形にする』という事をシンボルするからです。水瓶座へ進行する冥王星の背景からすれば、皆が待っていた新しいテクノロジーが現実として表れるのかもしれません。しかし同時に、夢を見ていないで現実を見なければ…という状況も、作られていくことになる側面もあるでしょう。



満月で読む天空模様☆2023年3月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2023年3月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ