占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様【2020年2月】
満月で読む天空模様【2020年2月】_1

満月で読む天空模様【2020年2月】

満月で読む天空模様【2020年2月】_2
更新日:2020/02/15 12星座占い ミシェル・メイ view 684

ミシェル・メイ・美菜子先生が2020年2月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


満月で読む天空模様



2月から3月に鳴る宇宙のアラームは、2月24日の新月と3月10日の満月です。新月は魚座で太陽と月が重なる新月、満月では魚座の太陽と乙女座の月とで満月です。いずれも太陽が優しく共鳴感のある魚座に在位するタイミングでありますね。

ところで魚座には海王星が入っていて、もう何年も海王星っぽい時代背景にあります。海王星っぽいというのはどういうことかというと、イメージの世界観であり共鳴力が高い世界です。理屈ではなく気持ちが大事!という世界観でもあり、そもそも海王星は魚座の支配星ですから、ダブルで魚座っぽく海王星っぽいタイミング…とも言えます。イメージ豊かで他者との共感に溢れる魚座×海王星の背景にあるわけです。違う言い方をすると、明確なものが少なく全体的にもやもやしていて境界線がわからない…ということに。

またところで、2月後半からちょうど満月の3月10日まで、水星が逆行になります。魚座で逆行に入り水瓶座まで戻ります。水星の逆行時には、物事が予定通り進みにくいものです。交通網に支障が生じたり、伝達ミスが起こりやすく電子機器に不具合が起こりやすいとも言われます。その代わりに過去を思い出すことには助けにもなるでしょう。なにしろ後ろ向きな時なのですから、先へとサクサク進むよりもずっとみち草する感じですね。こうした状態はそのままちょっとカオスな魚座世界を彷彿とさせます。

そんなことからこの2月後半から3月の満月までは、様々なことがもやもやして遅々と進まず、曖昧なイメージ先行になりやすいということになります。ちなみにこういう時には、気持ちのやりとりに関してはむしろ温かい思いや感激する気持ちをキャッチボールしやすいでしょう。ロマンチックなイメージも豊かに溢れやすいはずです。けれどイメージはあくまでイメージであり現実ではないということがミソです。また、きちんと処理したいことにはどうしても歯切れの悪さが伴いやすいでしょう。

こうして魚座と海王星のエネルギーに満ちている時ですから、日常で言えば、噂話がもあ~っと広がったり、秘密が暴露されそうになったり、フェイクニュースのように根拠のない情報が流れやすくなり、また伝染性のものが境界線なく広がったり、という不安な要素もある時です。もしも魚座と海王星のコンビを積極的に活用したいのであれば、それは音楽や映像、ダンスやアートの世界で堪能することです。


◆ミシェル・メイ・美菜子プロフィール
大卒業後、結婚・出産を経てのち、西洋占星術、ユング心理学を独学。西洋占星術を元にしたホロスコープチャートの読解を得意とし、対面鑑定においてはホラリー占星術も併用する。それらに心理学の技術を組み合わせた「恋愛カウンセリング」は人生をプラスに変える指針を与えてくれると評判を呼び、主婦を初めとした多くの女性から高い支持を集め、今や延べ鑑定数は数千に及んでいる。



満月で読む天空模様【2020年2月】_5関連記事
満月で読む天空模様【2020年2月】_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ