占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様☆2023年10月分
満月で読む天空模様☆2023年10月分_1

満月で読む天空模様☆2023年10月分

満月で読む天空模様☆2023年10月分_2
更新日:2023/10/15 12星座占い ミシェル・メイ view 810

ミシェル・メイ・美菜子先生が2023年10月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


【2023年10月】満月で読む天空模様



10月後半から11月にかけて鳴る宇宙のアラームは、10月15日の天秤座での新月、10月29日の蠍座太陽と牡牛座月の満月、そして、11月13日の蠍座での新月と、約1ヶ月のうちに新月が2回カウントされますね。こなような時は、局面が次なる局面へと、移り変わりが早いかもしれません。

10月の天秤座新月と、11月の蠍座新月では、雰囲気やエネルギーがかなり違う模様です。そもそも10月終わりの満月に向けては、出すべき『膿』が出やすい傾向です。個人レベルにおいても国家レベルにおいても宇宙レベルにおいても、向き合うべき課題がはっきりするのではないでしょうか。そして、向き合わずに避けようとすればするほど、状況が悪くなったり気持ちがしんどくなってしまうでしょう。「今の自分にとってこの事はやっぱり課題だなぁ」というような事が見えてきたら、避けたり逃げるのではなく、とにかく正面から向き合っていくことが大事です。とはいえ、急いで解決する必要はないのです。避けようとしない姿勢をちゃんと作ることが大切なのであって、決して早く解決しないといけないわけではないからです。

そして月末の満月あたりからは、空気感がガラリと変わりそうです。自分のやるべき事がわかっていて、何かと向き合っている人には、やり甲斐のある流れに入っていくはずです。一方で、課題を避けようとする場合には、一層難しげな状況に入っていくかもしれません。また一方、なんとなくだけで過ごしてきた場合には、11月に入ってから目の前に課題が表われてきそうです。こうしたことは国レベルでも同じですし、会社や家族単位のレベルでも同じですから、例えば個人でわかりにくくても会社レベルではまさにそう!…なんていうこともあるかもしれませんね。

総じて、膿を出していく10月後半からすると、11月に入った頃からは、今後への道のりが見えてくる…という流れになるはずで、11月半ばの新月では、新しい目標や新しい希望なども示唆されそうです。決して派手でわかりやすい…という時期ではありませんが、意外と要になる時期にあることは確かですから、来年への期待を含めた展望を、心密かに描いておくのがお勧めですね。



満月で読む天空模様☆2023年10月分_5関連記事
満月で読む天空模様☆2023年10月分_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ