占い泉TOP>ミシェル・メイ>満月で読む天空模様【2017年12月】
満月で読む天空模様【2017年12月】_1

満月で読む天空模様【2017年12月】

満月で読む天空模様【2017年12月】_2
更新日:2017/12/15 12星座占い ミシェル・メイ view 290

ミシェル・メイ・美菜子先生が2017年12月の満月からのコラムを書き下ろしてくださいました。
以下先生からのメッセージです。


満月で読む天空模様【2017年12月】



12月から1月に鳴る宇宙のアラームは、12月18日射手座で太陽と月が重なる新月と、1月2日の満月です。満月では山羊座の太陽と蟹座の月が向き合っての満月ですね。年明け早々に満月。元旦の夜は美しいお月さまに会えそうです。

さてこの12月終わりには大きな天体のイベントがあります。2015年頭から射手座に入った土星が、2017年12月の冬至あたりに山羊座へと進行することです。土星は約3年近くの間、1つの星座にいるのですが、射手座での仕事を終えた土星が山羊座へ入ることには大きな意味があります。

まず山羊座というサインは本来土星が管轄するサインであることから、自分のお家に帰ってくる土星であるということ。自分のお家に帰ってきた天体は、他のサインに在位する時よりもパワフルなのです。この場合だと、山羊座的な世界観がブームのように起こりやすいはずです。山羊座的な世界観とは、古いものや権威の世界そして余分なものを持たないストイックさ…というところでしょうか。古き良き伝統というものが、熱い支持を集めそうですね。また土星が管轄するくらいなので、土にも縁が深いものです。土から作ったものや地面に近い場所もポイントになりそうですね。具体的には、古いお庭や古都、仏像や伝統工芸品、陶器など。また時計も土星のシンボルです。そしてパワフルな土星がもたらすものは物質だけでなく、制限や規律という世界観や節約などストイックな精神も見直されていくのではないでしょうか。こうしてみてみると、日本は元々、土星的な側面を多く持つようでもありますね。

また山羊座には、現在冥王星が在位しています。土星が山羊座にご帰還ということはすなわち、刷新のパワーそのものである冥王星とコンタクトする、これから足掛け3年…ということになります。土星と冥王星が会合することは滅多にありませんから、山羊座的な世界観が単に流行る…というのではなくて、刷新されてより見直されていく…ということなのでしょう。言葉で言うのは簡単ですが、実際にはかなりの質感が含まれているであろうと察します。実際に、今回の約30年ぶりの土星のご帰還の本当の意味あいは、冥王星とコンタクトしていくことなのだと思います。

長い長い時を経て、ようやくひとつの結論に辿り着くような、そんな感じの時代の幕あけになりそうですね。


◆ミシェル・メイ・美菜子プロフィール
大卒業後、結婚・出産を経てのち、西洋占星術、ユング心理学を独学。西洋占星術を元にしたホロスコープチャートの読解を得意とし、対面鑑定においてはホラリー占星術も併用する。それらに心理学の技術を組み合わせた「恋愛カウンセリング」は人生をプラスに変える指針を与えてくれると評判を呼び、主婦を初めとした多くの女性から高い支持を集め、今や延べ鑑定数は数千に及んでいる。



満月で読む天空模様【2017年12月】_5関連記事
満月で読む天空模様【2017年12月】_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。
また、ananの占いなどでお馴染みのGダビデ社に協力頂き、雑誌で提供した占い記事も占いの泉限定で無料公開しております。




占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ