占い泉TOP>血液型占い>お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?
お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?_1

お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?

お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?_2
更新日:2022/12/15 血液型占い 性格診断 相性 view 254

Dr.RYUKO先生に『お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?』をテーマに血液型占いで占ってもらいました。


Dr.RYUKO先生の血液型占い




A型:マメマメしさは健在?酔うと理性がきかなくなる?

 気配り上手で、みんなに喜ばれるとうれしいA型の人。お酒の席でも率先してお酌をして回るなどして、先輩方からも可愛がられるタイプでしょう。神経質で慎重なので普段は控え目ですが、お酒が入ると堅さが緩んで、社交的で朗らかになるという、いちばん健全な酔い方で飲めるタイプではあります。
 ただしある程度深酒をすれば、普段理性によってセーブしている感情が解放されて、泣き上戸になったり、愚痴が止まらなくなったり、後輩にお説教じみた話をし出すことはありそうです。絡まれた方はちょっと面倒くさいですが、おしゃべりに積極的なのは親しみの表れで、建設的なコミュニケーションを期待している証拠でしょう。
 そんなA型の人が深酒したさいに逆に黙りこくってしまうときがむしろ危険の兆候です。無口でおとなしいために、奥ゆかしいように見えて、実は不満が鬱積して笑えなくなっている可能性が。そのうちみんなが盛り上がっている席で、いきなりキレてしまい収拾がつかなくなるなど、酔って豹変する可能性があります。プライドの高いA型の人は冗談でも失礼なことを言われたりされたりすると、逆鱗に触れることがあるので、酔っ払いの集まりの席では多少のことは聞き流す心の余裕を持つようにしましょう。
 几帳面なA型の人は、飲み会のさいは適したお店を探したり、どんな進行にしようかいろいろと計画したり、仕切ったりする幹事役もぴったりです。きっちりした性格なので、会計係にも適任。店のサイトを見て割引チケットなどもしっかり活用できるマメなところも活かされます。

B型:進んで盛り上げ役に?酔うと記憶喪失も?

 マイペースな一面がある反面、周囲を楽しませたいというサービス精神が旺盛なB型の人。飲み会の席では、率先して盛り上げ役に徹することもできるタイプ。ユニークな言動で笑わせたり、気が利いた冗談を言ったり、盛り上がる話題を振るなどして、どんよりしたムードになりそうな面子の飲み会でも、朗らかな空気に変えることができます。
 そんな貴重なムードメーカ―なのですが、そういった状態のときはまだまだしらふ、あるいはほろ酔いの段階です。B型の人はほとんど飲めないか、いくらでも飲めるタイプかの両極端な傾向があります。いくらでも飲めるといっても、酔わないわけではなく、相当酔っているのですが、酔いつぶれる様子がなく、元気なのです。危険なのは記憶が飛んでしまうくらい酔っていても元気なこと。
 もともと、型にはまらない自由奔放な一面をもつB型の人らしさが、酔ったことでブレーキが外れて全開になるので、自由すぎる行動に出て周囲を驚かせかねません。大胆さが増して突拍子のない行動や爆弾発言をすることもありますが、酔いが覚めると忘れています。あくまで個人行動に終始するので害はないのですが、見ている人たちをハラハラさせることはありそうです。
 可愛いところでは、メニューの注文内容がマイペースすぎて、幹事を困らせてしまう、また、よくあるのは、見ず知らずの団体の席にいつの間にか移動していたり、その場からいなくなって行方不明になっていたりすることも。
 そんなB型の人は、飲み会のお開き後もおそらくまっすぐ帰らずに、深夜営業のお店を探して渡り歩いていたりするでしょう。

O型:気も緩んでますます陽気に?お酒には飲まれやすい?

 O型の人は、人付き合いのよい、おおらかな人が多い傾向で、飲み会のような肩の凝らない雰囲気づくりに欠かせない存在です。お酒の席で長々と愚痴を言う人を相手にしても、寛容にうなずける聞き役になれます。聞いてあげればいいだけだからと、さほど深く考えずに相づちを打ってあげられるので、ストレス発散の場でもある飲み会では大事な存在です。また、みんなが楽しめるのならと、自ら笑いのネタにもなれるのがO型の人。周囲の人たちがリラックスできるように立ち回れます。
 O型の人自身は、お酒が好きな人だとついつい飲み過ぎてしまう傾向があり、強いようで実はお酒に飲まれやすいタイプ。深酒しても陽気な笑い上戸になるだけなら、雰囲気も穏やかになり問題ないのですが、周囲の人にちょっかいを出しはじめると注意信号です。O型の人の強引さがエスカレートして後輩をつかまえては無茶ぶりをしたり、日ごろの態度をダメ出ししたり、気持ちが大きくなっているので、上司に詰め寄って不満をぶちまけたりすることもありえます。お酒の席はしらふの時とは違う特別なコミュニケーションの場だと思い込みやすいので、本人的には無礼講ありの、なんでもありの状況になっていて、周囲にとってはちょっとした災難になっていることもありそうです。ただ、それらも多くはフレンドリーな気持ちからくるものです。たいがいはおおらかで気前も良くなり、気持ちよくリラックスして飲んでいることがほとんどでしょう。
 ただし、酔った状態は輪をかけて気が緩んでいるので、酔いつぶれて眠ってしまい、介抱され、送ってもらうなどが日常茶飯事になっていることも。自力で帰宅した場合もお財布をタクシーに置き忘れたり、落とし物をしたりしないように注意が必要です。


AB型:社交性がアップする?酔うと口が災いに?

 プライバシーを大切にして暑苦しい人間関係は苦手なAB型の人ですが、多くの人と気軽に交流できる飲み会などは嫌いではありません。如才なく、誰とでもほがらかに交流してその場を楽しみます。
 周囲の人たちが話が弾んでいないときでも、料理を取り分けたりしながら、共通するテーマをさりげなく持ち出すなど、話題を自然に振って会話のきっかけをつくるのが上手。その場の雰囲気を活気づけます。そのように、知的なホスト・ホステス役を果たせるのがAB型の人です。
 AB型の人は普段は冷静に一歩引いて観察しているようなところがあり、何を考えているのかわからないミステリアスさがありますが、酔うとたいがい社交的になります。いい意味で印象が変わることで、対人面にプラスになる場合が多いでしょう。
 反面、八方美人さが目立ってしまい、信用をなにげなく落としている場合もなくはありません。組織の重役や人気者の異性に対しても積極的に話しかけ、ほんの社交辞令の挨拶のつもりが同僚や同性にやっかまれる原因になることも。
 また、もともと話し好きな面があることから、酔うと話がくどくなり、同じ話を何度も繰り返す傾向も強まります。それはまだよいですが、毒舌家でアマノジャクな一面が、お酒が入ることで解禁になり、なんにでも反論したり、難癖をつけてみたりと、絡むようになると危険度が増している状態です。口の悪さでひんしゅくを買うことも予想できます。相手も酔っ払い。言い合いからトラブルに発展することもあるので気を付けましょう。


◆Dr.RYUKO プロフィール
本名は朝羽竜子(あさはねりゅうこ) 血液型、数秘術のほか、西洋・東洋の占術にも広く通じる。占術を使ったカウンセリングや自然エネルギーを用いたヒーリングなどで癒しを施すドクターとして活動中。血液型別のアドバイスを提唱。女性誌などでの執筆も行っている。



お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?_5関連記事
お酒の席での傾向と、酔ったときの注意点は?_6



占い当たる_泉アイコン占いの泉とは?
占い当たる_サマリーバー占い当たる_サマリー泉のロゴ占いの泉では、TVで話題の有名占い師、流行の電話占い師の中から当たると評判の占い師をピックアップして紹介しております。単純なプロフィール紹介だけではなく、有名占い師や電話占い師の占いを記事形式で無料公開しております。



占い当たる_ソーシャルアイコン公式SNS
占い当たる
占い当たる_フェイスブックボタン
占い当たる_ツイッターボタン


占いの泉TOPお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー利用規約よくある質問占い当たる_エムティアイ
株式会社エムティーアイ